イタリアの名物料理であることは知っているが

イタリアの学生が話し始めた

宿泊施設

宿を快適に過ごすことは旅行者にとって重要!
旅の疲れをいやして翌日の観光に備えましょう。種類はホテル、(ベッド·アンド·ブレックファスト。家族経営などの小規模なものが多い宿泊施設)B&Bタイプのホテル、アパートメント·ホテル、ユースホテルなどがあります。
世界中の旅行者と交流を楽しめるユースホステルは、予算を抑えることもできるのでおすすめです。
相部屋の場合は、荷物や貴重品の管理をしっかりと。

電圧·電流

イタリアの電圧は220V。周波数は50Hz。プラグの形式は、丸型のCタイプ。日本の電化製品を使うときは変圧器とアダプターが必要。日本で買い忘れた場合は、現地の電気店か大型スーパーで調達しましょう。

歴史

紀元前753年にギリシャ神話の英雄アイネイアスの子孫によって建てられたという伝説がありますが、実際は紀元前8.9世紀頃に北方の民族が定住したのが始まりとされています。
紀元前7世紀頃には都市国家として整備が進み、排水路などの設置が行われます。
神殿が建設されるなど、この頃にはすでに政治、経済の中心地となりました。
共和制ローマの時代には、イタリア南部のほとんどの土地を領土にします。
ヴェネツィアに次ぐヴェネト州第二の都市で

今でも強力な組合組織があり

イタリアならではであるまず最初は目指す通りの名前を地図で探すのに一苦労するローマ水道やローマ街道の建設が進むなど、都市として一層の発展を遂げます。
紀元前後のローマ帝国時代には、首都になり100万人が住む、当時の世界最大の都市になります。
コロッセオが建設されグラディエーターの闘いが開催されるなど、娯楽が発展していったのもこの時代です。
またコンクリートが発明されたため、パンテオンなどの建設物が次々と作られました。
その後、ローマ帝国が東西に分かれた時期には、都市としての重要性が低下しますが、15世紀半ば以降にはローマ教皇領の首都として、ふたたび繁栄を取り戻し、ルネサンスの中心地となります。
1797年にはナポレオン1世により占領されます。ウィーン会議の後教皇領に戻りますが、オーストリア帝国によって、ふたたび支配されます。
援軍であったはずのナポレオン3世にも占領されるなど、この頃はイタリアが他国からの支配を受ける時代でした。
しかしサヴォイア家によって、国土の大部分が統され、教皇の本拠地ローマも1871年には統合されます。
以後、ローマはイタリアの首都として発展を続け、現在に至ります。
出発前の心構えイタリアは日本と比較すると、治安は良くありません。
南下するほど治安は悪くなり、殺人事件の半数以上は南部の4州に集中しています。
しかしイタリア内務省によると、詐欺以外の犯罪は減少しているとのことで、改善はされているようです。
ローマ歴史的な名所が多く

ギリシャで使用されていた石のモザイクを発展させて

これはどうしたことだろうか
ローマなどの観光地では、スリや置き引き、引ったくりといった窃盗被害が多いので、防犯意識をしっかり持つ必要があります。特に日本人は現金を持ち歩いていると思われがちなので、外出するときは、気を抜きすぎないように注意しましょう。
ジットカードの暗証番号読み取り。バイクや自転車による引ったくり。日本人が遭遇する被害は、浮浪者風の子供集団によるスリ。服を汚されるなど、注意を逸らされての置き引き。ニセ警察官によるク暴カバーや睡眠薬強盗などの酒場でのトラブル。ホテルでの盗難。どこでも被害に遭う可能性はあります。外務省の海外安全ホームページもチェックしてください。レストランやホテル部屋の中も基本的に禁煙などの建物内では原則禁煙となっています。
街頭では特に規制されておらず、灰皿付のゴミ箱が多数·役置されて喫煙に関するマナーについては、空港や駅、禁煙となっていますます。
また基本的なマナーとしては、お店やレストランに入ったときにあいさつをすることや、自分がドアを開けた後、次に入ってくる人がいたら扉を押さえて待つことなどです。
また公共の場でガムを噛む:以外の食べ物を歩きながら拟ることはにスったときにあいさつをする:とP,,ジェラート以外の食べ物を歩きながら食べることは、マナーがなっていないとされています。
ほかには遠慮することは美徳とされていません。

これは後で述べるようにどちらかと言えばカフェテリアに近いし

海外パケット定額の比較
あいまいな返事は避けて·ハッキリとした物をしたほと、うが好まれます。
郷に入らば郷に従えで、積極的に実行しましょう!渡航準備は余裕を持って

パスポートの準備

パスポートは渡航先で身分を証明するために必要となるものです。
必ず出発日に間に合うように用意しておきましょう。パスポートは、住民登録をしている都道府県の窓口で申請できます。
申請時に必要なものは、戸籍抄本or戸籍謄本、住民票の写し、顔写真1枚、身分証明書。
受領までには10日前後かかるので、出発日から逆算してギリギリにならないように申請しましょう。
受領時に必要な費用は、5年用10年用となっています。なお、本籍や氏名が変更になった場合は、手数料900円で訂正申請ができます。
戸籍抄本or戸籍謄本のほか、場合によっては住民票の写しが必要になることがあります。

海外保険に加入しておこう

万が一に備えて、海外保険に加入しておいた方がいいでしょう。
保険のかけ方はさまざまで、旅行プランとパッケージになっているものもあれば、自分で補償内容を選べるタイプも。
目的や予算に合わせてチョイスできます。主な補償内容としては、病気になったときの疾病治療費用。ケガをしたときの傷害治療費用·疾病、傷害による死亡·後遺障害。
他人にケガを負わせたときや、器物損壊などによる賠償責任。病気やケガで入院したときに、日本から来る親族などの交通費や滞在費を補償する救援者費用·身の回り品の盗難や損害に遭ったときの携行品損害。

バルザックら外国の文人たちのたまり場ともなった

イタリア中部の諸領域の併合にも成功したのですミラノからの高速道路を降りて
航空機の遅延などにより預けた荷物が届かず、日用品などを購入したときの航空機寄託手荷物遅延費用·航空機の遅延や欠航による宿泊費、食事代諸々を補償してくれる航空機遅延費用などがあります。
保険の加入は、旅行会社のカウンターや保険会社のホームページなどでも可。
空港でも申し込みはできますが、事前に加入しておけば、自宅から空港に着くまでに起きた事故も補償されるので、お早めに。
気をつけなければいけないのが、クレジットカードに付帯している保険·ケガの治療や入院した場合に、補償金額が意外と低かったりすることもあるので、よく確認して、必要があれば海外旅行保険にも入っておいた方が安心です。

ローマへのアクセス

日本からローマ·フィウミチーノ空港までの直行便は、成田国際空港·関西国際空港から、アリタリア·イタリア航空が運航しています。
フライト所要時間は13時間前後です。

ミラノやフィレンツェ

航空運賃を安く抑えたいときは、ドバイ乗り換えのエミレーツ航空、イスタンブール乗り換えのトルコ航空などがあります。
ほかには、中部国際空港や福岡などから、アジア·ヨーロッパ経由便でのアクセス方法も。
トランジットする国でストップオーバーして観光する日程を組んでみるのもよいでしょう。
※LCCを選ぶならデメリットは割り切ること!格安航空会社は、機内清掃を乗務員自身が行う、パイロット·キャビンアテンダント等の人件費の削減、搭乗時にボーディングブリッジ搭乗橋を使わずタラップ階段を使LowCostCarrierLCC用する施設利用料の節約、機内食·飲料の有料化、座席指定の廃止、機内誌·新聞·雑誌の廃止、毛布、枕などアメニティの有料化、マイレージ制度がない、などのコストカットがある分、キャンセル不可、驚くほど安い価格で航空券を販売しているので、旅費を安く抑えたい方には願ってもないことでしょう。
サービスがよくなかったりするのは覚悟しておかないといけません。
運行が遅れたり、最悪の場反面、合は欠航になることもあります。利用する際は、デメリットを考えても利用したい、と割り切ることが大切です。

運転するなら国際免許証を準備

ローマ市内での運転は、マナーの違い、一方通行が多い、駐車場が少なく路上での縦列駐車が必須など、あまりおすすめはできませんが、郊外でドライブを楽しむ予定があれば、日本で国際運転免許証を取得しておきましょう。
レンタカーを借りるには国際免許証と日本の運転免許証、運転者名義のクレジットカードが必要。
国際免許証は指定の運転免許更新センターなどで、運転免許証、パスポート、顔写真1枚、手数料2.650円を持っていけば簡単に取得できます。
気をつけるポイントは、日本の運転免許証もあわせて持参することです。


ローマ歴史的な名所が多く フィレンツェで開花した芸術家たちと肩を並べるほどだという 交易の重心が大西洋に移るとともに経済的重要性をも手放した