ローマ歴史的な名所が多く

ミラノから有名なスイスのリゾート地

イタリア領東アフリカを築きます
主に卵などを解き合わせて描くこの画法は、食堂などの湿気が多い環境には不向きでありまポンペイの遺跡などでご覧戴ける、古代ローマ時代から使用されるフレスコ画法ではなく、た。
これが原因となり、この作品はつねに他の画家によりいい加減な修復が重ねられ、オリジナルとは異なって描かれた部分が出来上がってしまったのでした。
遠近法をあみだしたレオナルドダヴィンチ。左利きのために文字を右から左に書く、鏡文字を使用したダヴィンチ。
そして彼は晩年フランス王家、フランソワ1世神聖ローマ帝国カール5世のライバルに仕え、フランスロアール渓谷のアンボワーズ城で没するのでした。

ルネッサンス旺盛期

前のページの、アビニョン捕囚から最初にイタリアに帰ってきた法王、マルティヌス5世。
1420年以降、教皇はまたイタリアバチカンに戻ってくるのでした。
そして1450年を聖年とし、それ以来多くの巡礼者がイタリアを訪れるのでした。
その勢いに乗って、ローマのヴァチカン宮殿、サンピエトロ大聖堂の改築などが始まるのでした。
この建設ラッシュにかり出されたのが、そう、ダヴィンチと並ぶルネッサンスの巨匠、ミケランジェロとラッファエロなのでした。
ラッファエロにはこのサンピエトロ大聖堂建設責任者として。そしてミケランジェロにはシスティーナ礼拝堂の建築を。この大事業に関して必ずお話しなくてはいけないことがあります。
イタリアの名物料理であることは知っているが

相争う状態に陥ったことで政治的な統一性は失われていた時代です
そう、この一世一代の大事業を成し遂げるためには、莫大な資金が必要だったのです。
この資金調達のために行われたのが、そう、免罪符発布、「皆のもの天国へあがりたいのであるならば、自らの罪を払拭するためにはこの免罪符を買わなくてはいけない」このあまりに不合理な教皇の行動に待ったをかけたのが、そう、今のドイツのドレスデンで修道士をしていたルター。
そうです、これが1517年に起きたルターの宗教改革の根源なのでした。
ミケランジェロ1564天才的な彫刻家で画家、建築家そして詩人でもあったミケランジェロは89年という長い生涯をかけ、同時代の人々、そして今世紀に至るまでのあらゆる人々に感動を与えるのでした。
貴族の血を引く地方役人の息子としてフィレンツェ近郊に生まれます。
ジョットやマザッチオのフレスコ画の模写から多くを学ぶのですが、一番の影響を受けたのは、ドナロッテ。
また彼は古代美術の熱烈な崇拝者でもあり、それが故に、ローマサンピエトロ大聖堂のピエタ像フィレンツェのダヴィデ像さらにはシスティーナ礼拝堂の天井画を仕上げるのでした。
システィーナ礼拝堂と言えば、キリスト教カトリックの最高峰、ローマ法王の選挙が行われる部屋です。
この部屋の天井いっぱいに彼の最後の審判が描かれているのでした。
敵意に満ちた人々は、この作品をわいせつと呼ぶのでした。

ミラノやフィレンツェに直営のショップを出しています

そしてのちに、400をも超える人物像全ての局部に腰布が扌苗かれることとなるのでした。
ラッファエロのあと最後の20年間、サンピエトロ大聖堂の最高責任者に任命されます。
ラッファエロ1520父がウルビーノ公爵に仕えるという非常に文化的な環境に生まれ、ジョット、マザッチョ、ミケランジェロといった画家達の作品を学んだイタリアを代表する画家.ラッファエロは神童でした。
フィレンツェにやってきたのは1504年、若干21歳にしてまもなく最盛期ルネッサンスの二人の巨匠、すなわち当時29歳のミケランジェロと52歳のレオナルドに並ぶ存在と見なされóようになったのです。
彼のパトロンとなったのは、ローマ法王ユリウス2世と彼の後継者レオ10世だったのでした。
女性遊びが激しいため、毒殺されたのでは?とささやかれる画家。そしてローマのパンテオンに今も眠るルネッサンス象徴の画家です。
彼はサンピエトロ大聖堂建設責任者をつとめるのでした。彼の最大の傑作はやはり、ヴァチカン宮殿にある署名の間でしょう。
四方の壁に四つのテーマ、哲学、神学、詩学、法学が描かれております。
なんと同時期、隣の部屋ではミケランジェロがシスティーナ礼拝堂の天井画を描いていたのでした。
悲劇的なことに1520年、それは彼の誕生日でもありました。ラッファエロは熱病で没するのでした。ちょうど37歳。この年は巨匠レオナルドダヴィンチが没した翌年で、これにてルネッサンスが終わり、バロックの時代がやってくるのでした。

メディチ家

これらの芸術家をサポートしたのが、そうメディチ家。

エノテカでの食事それぞれ店名に入っているのを見たことがある人もいることでしょう

ローマ帝国からやはり迫害され始めたキリスト教の信者は

1434年から1737年までフィレンツェはメディチ家の支配下にありました。
コジモは金融業で財をなし、実質的にフィレンツェを支配、多くの文人芸術家を援助してルネッサンスの花を咲かせることに大いに貢献した一族です。
その後を継いだのがミケランジェロを見いだした、孫のロレンツォで、しっかりとした統治と文芸保護を受け継ぎ、メディチ家の第次黄金時代を築くのでした。
ロレンツォが1492年に若くしてなくなり、その長男ピエロは凡庸であり、コジモ、ロレンツォと二代にわたる慎重に進めてきた平和政策を受け継ぐことができなかったのでした。
結局、ミラノ公国が呼び込んだ、フランス軍のフィレンツェ侵攻に妥協したピエロの姿勢に怒った市民が、フィレンツェからメディチ家を追放。
ほどなく、サンマルコ修道院の院長であったサヴォナローラの神政が始まるのでした。
サンマルコ修道院と言えば、フィレンツェの町中にあり、そして前述のフラアンジェリコの受胎告知をご覧戴ける修道院です。
しかし4年後、このサヴォナローラも経済不況と道徳的締め付けによる市民の怒りのために孤立。
市と法王により絞首刑と火あぶりの刑にて、今のフィレンツェ町中のシニョーリア広場にて処刑されるのでした。
共和制体制に戻ったフィレンツェ政府。

イタリアのサッカーはすっかり馴染み深くなったようだ

こんな時代に民主自由の象徴として制作されたのが、ミケランジェロのダビデ像なのです。
メディチ家は新大陸発見で当時世界最強のスペインの支援も得て、フィレンツェに舞い戻ります。
そしてロレンツォの次男、ジョバンニ枢機卿ローマカトリックの高僧の総指揮のもと1512年に復権。
翌年にはジョバンニが法王レオ10世となり、その次の次にはロレンツォの甥、ジュリオ枢機卿が法王、クレメンス7世となり、ミケランジェロのパトロンとなるのでした。
モナリザとメディチ家定説によると、モナリザのモデルである女性は、1479年にフィレンツェで生まれ、16歳のとき、フランチェスコ·デル·ジョコンドという金持ちの商人に嫁いだそうです。
つまりダヴィンチがモナリザを描き始めた1502年、彼女は23歳から24歳だったことになります。
そしてダヴィンチはこの作品を完成することはなかったと言われております。
また、モナリザの背後には2本のギリシャ円柱が描かれていたそうです。
そして下記の写真が今フランスのルーブル美術館にある、そして日本へやってきた3.0モナリザです違いに気づかれたことでしょう。
これがモナリザの謎となるのでした。なぜならばルーブルのモナリザは完成品であり、そして女性はどうみても30代から40代、実はもう一人、モナリザのモデルと騒がれる女性がおります。
さらに背景には糸杉が描かれているではありませんそれはアイルワースのモナリザと呼ばれるものです。

ローマ歴史的な名所が多く

ラクイラでサン·ベルナルディーノ大聖堂が建設される

アイルワースのモナリザの背景には二本のギリシャ円柱が描かれ、さらにどう見ても20代の若い女性、そして未完成品なのです。
1517年、フランスのフランソワ一世の宮廷にいたダヴィンチを、アラゴン枢機卿が訪れたとき、ダヴィンチは枢機卿に自分の作品数点を見せました。
その中にメディチ家の故ジュリアーノ大公の注文で描いた、フィレンツェのある婦人の肖像画という絵が含まれていたと言います。
伝記作家によるとジュリアーノ大公がダヴィンチに注文したこのフィレンツェのある婦人の肖像こそが,今のループモナリザではないかと述べております。
要するに、生前ダヴィンチはモナリザを二枚描いたというのです。一度目は1502年ごろ、金持ちの商人ジョコンド氏からその妻の肖像画を注文されたときで、このときの絵が例のアイルワースのモナリザなのです。
その後ダヴィンチはフィレンツェを離れ、ミラノに向かいますパトロンであったフィレンツェの君主メディチ家が民衆にフィレンチェから追放されたからです。
が、メディチ家がふたたびフィレンチェにかえってくると、ダヴィンチも再びフィレンチェに戻ってくるのでした。
1512年、女好きで有名なジュリアーノ大公があたらしい愛人の肖像画をダヴィンチに注文したのは、それから数ヶ月後の事でした。
驚いたことに、この愛人というのがほかならぬジョコンド婦人だったのです。
記録によると、モナリザはメディチ家の遠縁にあたり、ジュリアーノ大公とは幼なじみだったとか。

      元々スパゲッティとは縁がない土地
      ミラノもゴミの処理にはほとほと手を焼いている
      これほど面白い見物は他にないかもしれない
10月 10, 2018

タグ: ,