聞こえてくるのは当然

えばやってくれます

イタリアは音楽の都だけある
その後互いの領地を建築しようと、境界に壁を作り、壁を一歩でも超えたら殺す,という約束を交わしたのでした。
賭けに負けたレムスはどうしても面白くない..、ある日嫉妬もあって、からかい半分に壁の一部を壊して相手側に入ってしまったのです。
そして怒ったロムルスは約束通りレムスを殺してしまうのです。テベーレ河に捨てられた恨みをはらそうと力を合わせて復習に成功した双子の兄妹は、ささいなことから兄弟喧嘩をして片方を殺してしまうのでした。
こうして伝承的なローマ初代の王、ロムルスが誕生するのでした。レムスを殺した紀元前753年4月21日はローマ紀元元年となって、西暦が導入されるまで西暦とはキリスト生誕年を元年とするもの使用されたのでした。
ローマ市の誕生日はこの4月21日となっており、今でもこの日に祭りが行われます。

王政から共和制へ

この時代のローマは今現在存在する、フォロロマーノの中心にあるパラティーノの丘を筆頭とした7丘が生活拠点となっておりました。
チルコマッシモをはさんでパラティーノの丘の南側、アヴェンティーノの丘ミケランジェロが建設したカンピドリオ広場の前、今の市庁舎が建つカンピドーリオの丘トレビの泉近くのクイリナーレの丘サンタマリアマッジョーレ教会近くのヴィミナーレの丘左上コロッセオの南東に位置するチェリオの丘チェリオモンターナサンタマリアマッジョーレ教会裏エスクイリーノの丘などの7つの丘を中心に栄えておりました。
の上に住んでいたのでした。

そしていったん決定が定められた後は皆がこれを厳格に尊重し、これを乱す者があるときはすべての求婚者が一貫して違反者に掣肘を加え、道義をまもるべし。
とこの方針に従いヘレネは多くの求婚者の中からメネラオスを選びます。
メネラオスは当時ギリシャ諸国の中で一番繁栄していたミケーネの国王アガメムノンの弟であり、メネラオスはヘレネとの結婚によりスパルタの王になりました。
羊飼いのパリスはそのころ、…折しも近くのトロイア城下で競技会が催され、パリスがかわいがっていた雄牛が商品として献納されてしまいます。
くやしいけれど、王の命令だから仕方ないと、雄牛を差し出すパリス。
ですが「そうか、競技会で優勝して取り戻せばいいんだ!」と競技者としての体力に自信のあったバリスは、雄牛が商品としてかけられているレスリングの競技に参加し、見事トーナメントを勝ち進み、最後の相手、トロイアの第一王子ヘクトルと戦います。
激しい攻防の末、パリスが優勝。羊飼いに破れて面目を失ったヘクトルは「おのれ、この下郎者!!」とばかりに剣をとって切り掛かろうとしたその瞬間!王女の一人が「まって、この人パリスじゃない??」と羊飼いの素性を見抜くのでした。めでたく、美しく力強い若者に育ってかえってきたパリスはトロイア王家に迎えられ、出生のときの不吉な予言もどこへやら、王子としての立場を取り戻します。
そして使命を帯びてスパルタに赴き、絶世の美女ヘレネと出会うのでした。
そこで、瞬にして燃えた恋、背後にアプロディテの約束がついているので、パリスはヘレネをなんなく略奪します。
王妃を奪われたメネラオスの怒りは当然のこと。しかもヘレネについては前王の掟があるので、メネラオスの兄、アガメムノンを総大将にすえ、ギリシャ諸国の王子、勇者がパリスを許すな!!!と立ち上がるのでした。そしてその矛先はトロイアに向き、のちにトロイアを討て!!とトロイア戦争が始まるのでした。1000隻を超える船が10万のギリシャ兵をのせてエーゲ海を東へ向かい、攻め込みます。
トロイア側も城壁を固めて一歩も譲りません。アキレウスなど多くの勇者が活躍し、両陣営ともおびただい、数の死者をだこの戦争は10年間におよび、アガメムノン、メネラオス·ブリアモス、ヘクトル、パリス·オドゥッセウス、た。
まそれもそのはず、この戦争は大神ゼウスが人ㄇ削減のため企てたことだったのですから、神の御心に逆らうことはできません。

ローマ地元のブランドで

トロイアの木馬

トロイア戦争がことさらよくしられているのは、この戦いをテーマにして盲目の吟遊詩人ホメロス西暦前8世紀頃の人が、イリアストロイの昔の地名、オドゥッセイア、と二つの叙事詩を残しているからですさて、トロイアの落城は有名なトロイアの木馬がきっかけとなります。
トルコを訪れた方は、きっとこのトロイアの木馬をご覧になったことでしょう。
十年間攻め続けてもトロイア城は陥落しません。国を離れて遠征してきたギリシャ軍は疲労困憊、退散もやむなしといったころ、ここで最後のひと作戦。
提案者はオデュッセウス。大きな木馬を創り、その中に50人のギリシャ兵を隠し、浜辺に放置してギリシャの船団は海の彼方へ引き上げます。
トロイア軍は「ギリシャの船がにげていくぞ勝った、勝った」と大喜び浜辺に残された巨大な木馬は戦利品として城壁の中へ運び込まれ、後は戦勝大宴会。
トロイアの兵士が酔いしれて眠るころ、木馬の中からギリシャ兵が忍び出て、城門をあけ、沖に向かって合図を送ります。
ギリシャの船団がたちまち戻ってきて、開かれた城門から攻め込みかくて難攻不落のトロイア城も落城となるのでした。
トロイア軍は全滅。たった一人生き残った武将、アイネイアスはトロイア再興を夢見て地中海をさまよい、イタリア半島へ上陸。
そして今のローマの南東の郊外に落ち着きます。なんとこれが古代ローマ建国の基となるのでした。

ラクイラと呼ばれるようになったが


ラクイラ県の町エノテカでの食事それぞれ店名に入っているのを見たことがある人もいることでしょう

ローマ帝国発祥の地

アイネイアスはたぐいまれな美男子。
この美男子のとりこになったのが、ラッチィオ今のローマ周辺の州、ラッティオ州の王女ラビニア。
やがて二人は結婚しアイネイアスから8代を経て74リウスとヌミトールという二人の王子が誕生します。
兄弟で王位を争うのはどの時代もどの国でも同じこと。兄のアムリウスは弟ヌミトールを追放して王位に就きます。ヌミトールの娘、王女レアは軍神マルスと結ばれます。この二人の間にはやがてロムルスとレムスという双子の男の子が生まれます。
後継者争いを避けたいアムリウスはこの双子の赤子の殺害を計画します。
そしてこの二人の赤ん坊をなんと、今のローマの中心を流れるあのテベーレ河に投げ捨てたのでした。
この当時のテベーレ河は洪水で増水していました。そしてこの双子は今のローマの中心部にある、パラティーノの丘の麓にたどり着くのでした。
そしてこの赤ん坊を発見したのが、一匹の牝狼で、狼は赤ん坊二人を丘の上に運び、自分の乳を与えて二人の王子を蘇生させたのでした。
これが故に、ローマの至る所で、狼のお乳を飲む子供の像がご覧戴けるのです。
二人の王子は牝狼と羊飼いの夫婦によって育てられ、すくすくと成長してゆきました。
二人は後に力を合わせてアムリウス王をたおし、祖父ヌミトールを王位に就けるのでした。
恨みを晴らした二人の王子、ロムルスとレムスは王都を離れ新天地に自分の王国を作ろうとします。
二人の足が自分たちの育ったパラティーノの丘に向かいます。懐かしい地に新しい王国を作るため、国の名前を考え始めます。自分の名前を付けることにしたのですが、二人はそれぞれ自分の名を主張して、最後は喧嘩になってしまったのです。
そこで、けんかの最後は賭けで決めることにしました。賭けの内容は、決められた時間にどちらがより多くの鳥を見ることができるか!というバードウォッチングの競争が始まったのです。結果はロムルス12羽、ロムルスの勝ちです。レムス6羽、このロムルスからローマの名が生まれたという言い伝えがここから始まったのです。

パレルモはカルタゴの砦だったマルティーニ人としての誇りを捨てず

その後互いの領地を建築しようと、境界に壁を作り、壁を一歩でも超えたら殺す,という約束を交わしたのでした。
賭けに負けたレムスはどうしても面白くない..、ある日嫉妬もあって、からかい半分に壁の一部を壊して相手側に入ってしまったのです。
そして怒ったロムルスは約束通りレムスを殺してしまうのです。テベーレ河に捨てられた恨みをはらそうと力を合わせて復習に成功した双子の兄妹は、ささいなことから兄弟喧嘩をして片方を殺してしまうのでした。
こうして伝承的なローマ初代の王、ロムルスが誕生するのでした。レムスを殺した紀元前753年4月21日はローマ紀元元年となって、西暦が導入されるまで西暦とはキリスト生誕年を元年とするもの使用されたのでした。
ローマ市の誕生日はこの4月21日となっており、今でもこの日に祭りが行われます。

王政から共和制へ

この時代のローマは今現在存在する、フォロロマーノの中心にあるパラティーノの丘を筆頭とした7丘が生活拠点となっておりました。
チルコマッシモをはさんでパラティーノの丘の南側、アヴェンティーノの丘ミケランジェロが建設したカンピドリオ広場の前、今の市庁舎が建つカンピドーリオの丘トレビの泉近くのクイリナーレの丘サンタマリアマッジョーレ教会近くのヴィミナーレの丘左上コロッセオの南東に位置するチェリオの丘チェリオモンターナサンタマリアマッジョーレ教会裏エスクイリーノの丘などの7つの丘を中心に栄えておりました。
の上に住んでいたのでした。

イタリア自体


ローマ各地で広がっていたんだ
今、町として栄えている昔の丘と丘の間は、その昔沼であり、この沼ではマラリアが蔓延しており、健康上の問題より人々はところが紀元前6世紀、5代目の王が高度文明をもつエトルリアの血をひく優れた王であり、この王が排水工事を行い、丘の麓にも町が広がり始めたのです。
このときにセメントが発明され、水道橋が作られます。そして有名なフランスのボンドゥガールなどが建築されるのです。子豚の丸焼きで有名なセゴビアの水道橋タラゴナの水道橋リスボンの水道橋さてではなぜ水道橋をつくったのでしょうか??たとえば、今のローマで番人気の高い観光地、そうスペイン広場。実はこの広場にある泉の水は今でも当時の水道橋を利用して水が供給されているのです。
さてどこから??ここが古代ローマ人の素晴らしいところ一つ目となります。古代の文明、たとえばエジプト文明、黄河文明、メソポタミア文明。
全ての古代文明はみな水源の近くに国家が建設されたのです。国家建設、繁栄に欠かせないものがやはり水源だったのですね。ところが、また国家の滅亡もこの水源が元となったのです。病気の蔓延、そしてこの根源が汚染された水源となるのでした。この事実に着目した古代ローマはなんと、川を水源とするのではなく、山中に湧く清い水を水源とすることに決めたのです。
都市から遠くはなれた清い水を確保するために、水道橋を敷くことにしたのです。
この発想の転換が古代ローマの繁栄の基礎となるのでした。さらにローマ水道は非常に精巧に作られており、厳密な許容誤差内で建築されているのです。
例えばフランスのボンドゥガール。通常規格で、1キロあたり34センチの傾斜、ということは50キロメートルの距離で垂直方向にわずか17メートル下がるだけ!という精密さ。完全に重力に頼っており、非常に効率よく大量の水を運んでいたのでした。
なんと同水準の水道が新たに建設されるのは19世紀後半になってからとなるのです。
そしてこの優れた建築技術がローマ帝国を大国に築き上げる要因となるのでした。
上記をもとに、さらに大国になりえた要因がそう、優れた政治でした。
税金が大変低いため、多くの移民がやってきたのです。

ローマにおけるキリスト教以前の一神教の存在を探る鍵になるのではないか

市民税もなし、さらには収入税もなかったのです。また戦を繰り返すたびに他の国を属州国として合併してゆきます。その属州国の統治の仕方がまた素晴らしい。地方税10%を徴収するものの、徴兵を強制しなかったのです。このように税収が少ないにもかかわらず、黒字を保持することのできたローマ。
この裏には金持ちの心を揺り動かす政策がとられていたのです。名誉欲と虚栄心。金持ちは公共事業に寄付、そして彼らの名前が後世に残る。ここを巧みに使用したのでした。さらには、貿易で栄えた都市を軍事基地の機能を持った植民地として統治。
統治を簡素なものとするために、全ての都市をローマと同じような造りとし、簡素化をはかるのです。
これがマドリード以外のヨーロッパの町が皆同じ創りになっている理由となります。
広場の前には市庁舎、さらに後世には教会。どの町にも、闘技場、劇場、中央広場、そんな時代、なんと日本はまだ縄文時代。
ローマ市がローマ帝国を創ったと言われる所以です。ポエニ戦争前のページさて、この時代の共和制ローマのライバルはカルタゴ。
ではカルタゴとは?北アフリカ、今のチュニジアの首都チュニスに位置したカルトアダシュト、新しい都市という意味であり、イタリア語読みがカルタゴとなるのです。


エノテカでの食事それぞれ店名に入っているのを見たことがある人もいることでしょう イタリア男たちが井戸端会議している光景 イタリア男たちが井戸端会議している光景